馴染みのバイク屋を作ろう

買取サービスを行っているのであればすべてお得というわけではありません。バイクは趣味のものですが、命を乗せて走るものです。買って乗りっぱなしというわけにはいきません。自分で整備を行うことは当然ですが、自分でできないことはバイク屋にメンテナンスや修理に出さなくてはいけません。安いからといって遠くの販売店で購入してしまうと、このようなときに困ります。

そこで大切なのが、近くのバイク屋ということになります。近場でいいということで、どこでもいいというわけではありません。現代のバイクやインジェクション化し、制御もCPUが使われています。では最新技術を導入している新しいバイク屋ならハズレはないかというとそうではありません。所有のバイクは旧車であった場合は、若い整備士では手に負えないこともあります。自分のバイクを整備できるバイク屋を選ぶ必要があるのです。

その店が買取サービスを行っているようでしたら、その店に頼むようにしましょう。バイク屋にメリットがあるように、こちらにもメリットがあります。顔を繋ぐという商売の基本でもありますし、相手も商売ですので常連に対して不義理はできません。売る側買う側、どちらにとっても良いことになりますので、馴染みの店を作るようにしてください。

買取サービスのメリット

量販店が行う買取サービスは、買取としてはかなりお得です。下取りについての流れは前項で記していますが、買取サービスは下取りという新しいバイクを購入する代わりに行うのではなく、買取だけでも行っているということです。

量販店が行うお得な点は、買取額に差が生じることです。量販店では下取りをしたバイクの多くは業者間オークションに流されますが、店頭で販売されることがあります。デメリットとして売れ残った場合、在庫になってしまうことがありますが、バイクには鉄板車や人気車種というものがあります。店頭に並べておけば、かならず売れるバイクです。

それらはオークションでも高値で取引きされていますが、必ず手に入るとは限りません。オークションに出しても確実に売れますが、店頭におくと、オークションにだすより高く売れるのです。その場合はオークションにだされる金額よりも高く買取ってくれる場合があり、売る側としてはかなりお得だといえるのです。店側としてもオークションに参加する手間や運送代を考えれば、必ず売れてくれるのですからお得だと考えているのです。

この価格は個人規模の店舗で行うことが多く、大手ではやらないことも多いので、馴染みのバイク屋で考えたほうがよろしいでしょう。

バイクの買取サービスとは

バイク買取サービスは、サービスと名前がついていますがサービス業ではありません。あくまで業者が行う業務であり、商売の一環として行われています。そのためサービスで行われているのだから、他より買取価格が安価であるということはありません。バイク買取サービスは、バイクの販売をメインとして行っている業者が、それだけではなく買取も行っているということを伝えるためのものであることが多いようです。そのため専門業種ではありませんので、いくつかのケースが存在しているようです。

一つ目のケースはあくまで販売がメインで、買取は別の業者に任せてあるパターンです。このケースの場合、それぞれ事業は独立して行っていますので、買取専門業者と変わることはありません。

もう一つのケースは、あくまでメインは販売であり、買取も行っているというケースです。販売店はバイクを販売する際に、下取りという形で古いバイクを引き取っています。2台持ちを考えていない人は、必ずといっていいほど現在所有のバイクを下取りに出し次のバイクの支払いのたしにするのですが、下取りにだされたバイクは、店舗で販売されたり、業者間オークションに提出されます。

バイク買取サービスのタイプについては以上となります。業者によってオンラインで査定ができたり、全国無料出張査定をしてもらえたりとサービスは様々ですので、事前にしっかりと見比べて買取依頼をするようにしましょう。

関連サイト:バイク買取業者「バイクランド」